コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルタイ諸族 あるたいしょぞく

世界大百科事典内のアルタイ諸族の言及

【アルタイ語系諸族】より

…アルタイ語族を構成する諸言語(アルタイ諸語)を話す民族の総称。アルタイ諸族ともいい,元来,18世紀半ばにストラレンベルクが提唱したアルタイ語族説にもとづく言語学的集団概念である。その分布はユーラシア大陸の中央部(一時はアルタイ地方が原郷と考えられていた)を中心にして,東はカムチャツカ半島西端から西はバルカン半島まで,北はシベリア北部から南は中国南西部まで,きわめて広い範囲に及ぶ。…

※「アルタイ諸族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アルタイ諸族の関連キーワードアルタイ語系諸族ウラル系諸族

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android