アルタバヌス[1世](読み)あるたばぬす

世界大百科事典内のアルタバヌス[1世]の言及

【パルティア】より

…彼は初めて〈大王〉を称し,その後約400年つづく帝国支配を確立した。ミトリダテス1世の死後,東方では大月氏がバクトリアを占拠し,フラアテス2世Phraates II(在位,前139か138‐前128)とアルタバヌス1世Artabanus I(在位,前127‐前124か123)はいずれもその影響を受けて侵入してきた遊牧民と戦って倒れた。再び帝国の発展に力を尽くしたのはミトリダテス2世(在位,前124か123‐前88か87)であった。…

※「アルタバヌス[1世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android