コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルハンブラの壺 あるはんぶらのつぼ

世界大百科事典内のアルハンブラの壺の言及

【イスラム美術】より

…このイスパノ・モレスク陶器の代表的なタイプは多彩ラスター釉陶器で,草花,鳥獣,文字,名家の紋章などが,主文を構成した。概して,文様は豪華で複雑になり,特に宮殿の装飾に使われたアンダルシア産の〈アルハンブラの壺〉は,その典型的なものである。マムルーク朝(1250‐1517)時代には,エジプトのカイロ,シリアのダマスクス,アレッポ,ホムスなどで,赤褐色の粗い胎土と厚手の器体をもち,抽象性の強い幾何学文,文字,唐草,王侯貴族の紋章などで飾られた陶器が焼かれた。…

※「アルハンブラの壺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone