コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルバート住宅 あるばーとじゅうたく

世界大百科事典内のアルバート住宅の言及

【住居】より

… 集合住宅はエレベーターの発明に伴って高層のタイプが現れるようになり,大規模集合住宅地の開発は高層住宅と低層住宅を組み合わせて設計されるようになった。集合住宅の一つのユニットとしての住戸のモデルは,1851年ロンドン万国博覧会の際にロバーツHenry Roberts(1803‐76)によって設計されたアルバート住宅(2階建て4戸の集合住宅)と,1925年パリの現代装飾・工業美術国際展にル・コルビュジエの設計によって建設されたエスプリ・ヌーボー館が知られる。前者は煉瓦造,後者は鉄筋コンクリート造であり,両者の時代的差異のうちに,住宅の構造を伝統的組積造から鉄筋コンクリート造に変化させていったことが知られる。…

※「アルバート住宅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone