アルファバージョン(読み)あるふぁばーじょん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

アルファバージョン

開発途中のハードウェア/ソフトウェアバージョンを指す言葉。一般にアルファバージョンといえば、基本的な機能をひととおり実装したレベルにある、開発の初期段階のものを指す。一応の機能テストには耐えるが、デバッグなどは完全には行なわれていないので、安定的に利用することは困難である。このためアルファバージョンのハードウェア/ソフトウェアは、開発に携わるごく一部の関係者にテスト目的で配布されるのが一般的。その後デバッグなどを行ない、ユーザーレベルのテストが可能になると、ベータバージョンが公開される。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android