コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルファバージョン あるふぁばーじょん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

アルファバージョン

開発途中のハードウェア/ソフトウェアバージョンを指す言葉。一般にアルファバージョンといえば、基本的な機能をひととおり実装したレベルにある、開発の初期段階のものを指す。一応の機能テストには耐えるが、デバッグなどは完全には行なわれていないので、安定的に利用することは困難である。このためアルファバージョンのハードウェア/ソフトウェアは、開発に携わるごく一部の関係者にテスト目的で配布されるのが一般的。その後デバッグなどを行ない、ユーザーレベルのテストが可能になると、ベータバージョンが公開される。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

アルファバージョン【alpha version】

アルファ版。⇒アルファ版

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

アルファバージョンの関連キーワードアルファ版/α版

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android