コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルファマ地区 あるふぁまちく

世界大百科事典内のアルファマ地区の言及

【リスボン】より

…銀行,貴金属商が集中している。バイシャの東側にはサン・ジョルジ城を頂く丘があり,テージョ川に向かって下る北斜面には市内で最も古いアルファマ地区がある。迷路のように入り組んだ細い急な坂道の両側には家屋が密集し,その町並みは4世紀以上に及ぶイスラム支配の影響を強く残している。…

※「アルファマ地区」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アルファマ地区の関連キーワードサンビセンテデフォーラ教会サンタエングラシア教会リスボン

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android