コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アワディー あわでぃー

世界大百科事典内のアワディーの言及

【ラーム・チャリット・マーナス】より

…題名を直訳すると〈ラーマ王(子)行いの湖〉の意。北インドに分布するヒンディー語のアワディーAvadhī方言を基とする一大叙事詩で,全7編約1万頌,数頌の4行詩と1頌の対句の組合せを基本的な形式とする。1574年にアヨーディヤーで着手され,数年後にカーシー(現,ワーラーナシー)で完成されたといわれる。…

※「アワディー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アワディーの関連キーワードラーム・チャリット・マーナスラーム・チャリット・マーナストゥルシーダースパドマーワット東ヒンディー語ヒンディー語インド諸言語パドマーワトジャーエシーインド文学

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android