コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンティ・アトラス[山脈] あんてぃあとらす

世界大百科事典内のアンティ・アトラス[山脈]の言及

【アトラス[山脈]】より

…アトラスの名は,ヨーロッパ人がここをギリシア神話のアトラスのすみかとみなして名づけたもの。モロッコではアトラス山脈中最大のオート・アトラスを中心に,南西にアンティ・アトラス,北東に中部アトラスが走る。山中ではベルベルが半遊牧や移牧を営み,谷底では農耕も行っている。…

※「アンティ・アトラス[山脈]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android