コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンビリカル塔 あんびりかるとう

世界大百科事典内のアンビリカル塔の言及

【ロケット発射場】より

…ロケット全体の組立ては,組立整備室で行って完成したロケットを台車やトレーラーで発射点に運搬する方式と,組立整備室では部分的な組立整備のみ行い,順次発射点の整備塔へ運搬,そこで完成させる方式がある。(2)発射設備 整備塔,発射台,推進剤や高圧ガスの供給装置,発射時までロケットに接続されている配管配線類を支持するアンビリカル塔,発射時の火炎を逃がす火炎偏向装置などから構成される。整備塔は発射点でロケットを組み立て最終整備を行う施設で,移動式と固定式があり,ロケットを垂直にして組み立てる場合は多層階構造,水平に組み立てる場合には低層のドーム型式となる。…

※「アンビリカル塔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone