コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンフィオン あんふぃおん

世界大百科事典内のアンフィオンの言及

【テーベ伝説】より

…なおテーベのアクロポリスは,カドモスにちなんでカドメイアKadmeiaと呼ばれたが,ここからは近年バビロニアの円筒印章が出土し,東方との交流のあったことを裏づけている。(2)アンフィオンAmphiōnとゼトスZēthosとによる2度目の建国の物語。二人はゼウスとアンティオペAntiopēとの間の双生の兄弟。…

【ニオベ】より

…リュディア(小アジア西部)のシピュロス山付近の王タンタロスの娘。テーバイ王アンフィオンAmphiōnの妻。夫との間に7男7女をもうけた彼女は,アポロンとアルテミスの2人しか子どものいない女神レトより自分のほうがまさっていると誇ったため,怒った女神はわが子に命じて,ニオベの息子はアポロンに,娘は女神アルテミスに射殺させた。…

※「アンフィオン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アンフィオンの関連キーワードアポロニオス[トラレス]アンフィオンとゼトステーベ伝説キタイロンアンチオペアエドンライオスニオベ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android