コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンプーリアス あんぷーりあす

世界大百科事典内のアンプーリアスの言及

【エンポリオン】より

…その後ローマ期を通して繁栄は続き,西ゴート期になってからも司教座が置かれるほどの規模を維持した。しかし,8世紀初頭のイスラム教徒の征服後は見捨てられ,今日ではアンプーリアスという寒村があるだけである。すでに発掘はほぼ完了し,墓地,神殿,住宅,初期キリスト教会等の遺構と,多くの優れた彫刻作品,陶器,モザイク等が発見されている。…

※「アンプーリアス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android