コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンホ ANFO

大辞林 第三版の解説

アンホ【ANFO】

〖ammonium nitrate fuel oil〗
硝安しようあん油剤。硝安(AN)と燃料油(FO)の合成により作った爆薬。ダイナマイトに比べて取り扱い上の危険が少ない。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のアンホの言及

【硝安油剤爆薬】より

…アンホ爆薬,ANFO爆薬,アンホなどとも呼ばれる。プリル硝安と呼ばれる多孔性粒状硝酸アンモニウム94%に引火点50℃以上の油剤を含浸させたもの。…

※「アンホ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アンホの関連キーワードリンホワイコワン(臨淮関)ホワンシャン(黄山)特別市グランド・ホテル・プップホワイペイ(淮北)特別市メイシャン(梅山)ダムアンチン(安慶)特別市トンリン(銅陵)特別市チョーシー(柘渓)ダムウーフー(蕪湖)特別市チーチョウ(池州)地区ファンチャン(繁昌)県ユイシーコウ(裕渓口)トンコワン(銅官)山チャオフー(巣湖)市チーチョウ(池州)鎮イーヤン(益陽)地区シーフェイ(西淝)河ティアンホッケン寺院フーヤン(阜陽)地区スーチョウ(宿州)市

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android