コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーシュク あーしゅく

世界大百科事典内のアーシュクの言及

【キョルオウル物語】より

…17世紀アナトリアの農民反乱指導者を原型とし,〈盲人の子(キョルオウル)の復讐〉という古来の説話モティーフと融合して形成された。語りと歌の部分からなり,民族楽器サーズを演奏する吟遊詩人(アーシュク)によって伝承され,トルコ文学史上〈物語〉と称されるジャンルをなす。トルコ国境を越えてイラン,アゼルバイジャン地方でも広く伝えられている。…

【サーズ】より

… 楽器のサイズにより呼称が異なり,大型のものはディワンdivan,中型はバーラマbağlama,小型はジュラcuraと呼ぶ。おもに民謡や民俗舞踊の伴奏楽器として広く愛好され,特にアーシュクâşikとかオザンozanと呼ばれる吟遊詩人たちが叙事的歌の伴奏に使う。アゼルバイジャンでも用いる。…

【トルコ族】より

…夏営地では搾乳による乳製品の生産が行われ,そこにはしばしば大きな市(いち)が形成された。オグズ部族連合に起源をもつトルコ系遊牧民は,その始祖伝説である英雄叙事詩〈オグズ・ハーン伝説〉をはじめとする口承伝承をもち,アーシュクāşıkとよばれる吟遊詩人が活躍した。また,騎馬,弓術,レスリングなどの武術にすぐれ,遊牧生活の現実に適合した独特の暦をもっている。…

※「アーシュク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone