コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーフェルカンプ,B. あーふぇるかんぷ

世界大百科事典内のアーフェルカンプ,B.の言及

【アーフェルカンプ】より

…オランダの風景画家。アムステルダムに生まれたが,生涯の大半をカンペンで送った。聾啞者であったことから“カンペンの啞”のあだ名を持つ。冬景色のみを繰り返し描き,これを一分野として確立させた専門画家の一典型。彼の絵画は時に見られる巧妙な空気遠近法にもかかわらず,つねに赤や黒などの強い色彩への愛着を示しており,この点後続する単色濃淡様式の風景画とは根本的に区別される。甥のバーレントBarend Avercamp(1612‐79)も追随者としてきわめて類似した作品を制作した。…

※「アーフェルカンプ,B.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone