コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーンミーヤ あーんみーや

世界大百科事典内のアーンミーヤの言及

【アラビア語】より

…一部の民衆文学には日常の口語の反映も見られるものの,古典アラビア語は,借用による語彙の拡大以外には大きな変化が認められないまま近代に至るが,他方アラビア半島以外の諸国では口語との差も大きく,衰退の道をたどったため19世紀には復興運動が起こった。すなわち,学校教育や公共の報道等を通して古典アラビア語の普及が進められ,現代ではアラブ世界の共通語として習得されるべき〈純正語〉(フスハーal‐fuṣḥā)とされ,公式の場面では話し言葉としても用いられ,方言差をもった各人の母語たる〈民衆語〉(アーンミーヤal‐‘āmmīya)の上にかぶさって,二言語併用現象を起こしている。地域的に,アラビア半島方言,イラク方言,シリア・パレスティナ方言,エジプト方言,マグリブ(西方)方言に大別される。…

※「アーンミーヤ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone