コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イカノアシ

1件 の用語解説(イカノアシの意味・用語解説を検索)

海藻海草標本図鑑の解説

イカノアシ

からだは下部は円柱状で上部はくさび形から扁平に広がり先端にいくにつれ細くなり先端は尖る。分枝は叉状で丸い腋を持つ。盤状付着器から叢生する。からだ 全体はつよくねじれたり溝状に曲がる事が多い。細胞層は皮層に小さな細胞が並び皮下層に3〜5層の球形の細胞がゆるく配列しており,髄層は糸状細胞からな る。手触り滑らかで弾力があり折れにくい。生体は黄褐色〜暗紫色。干出したものはツヤのない黒色となる。押し葉標本は台紙につかない。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のイカノアシの言及

【スギノリ(杉海苔)】より

…成熟した体の縁辺部に多数見られる球形のアワ粒状のものは受精卵から発達した囊果で,内部には果胞子が多数形成される。スギノリに近縁な種に,岩上を横臥(おうが)するように生育するカイノリG.intermedia Suringar,形状がイカの足を連想させるイカノアシG.mamillosa (Good.et Wood.) J.Ag.,葉状の体にいぼ状突起を多数つけるイボノリG.pacifica Kjellm.などがある。日本産のこの属の種はいずれも小型であるが,アメリカ大陸の太平洋沿岸などにはG.corymbifera (Kuetz.) J.Ag.やG.exasperata Harv.et Baileyのように,長さが1m以上,幅が30~50cmにもなる葉状の大型の種が多数生育し,カラギーナン(飲料やジャムなど食品の安定剤,分散剤)の重要な原藻となっている。…

※「イカノアシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イカノアシの関連キーワード町石卒塔婆松海苔ラッセル車オニクサヒジキホウキタケホソメコンブマコンブマツモ柱状炭