コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イギリス産業革命 いぎりすさんぎょうかくめい

世界大百科事典内のイギリス産業革命の言及

【産業革命】より

…また,社会史への関心の高まりもあって,ふたたび庶民生活への産業革命の衝撃が問題にされるなど,社会的帰結への関心の逆戻り現象も認められる。経済発展
【イギリス産業革命】

[前提]
 産業革命の概念そのものが多様なだけに,その始期と終期についても見解は必ずしも一定していない。かつては,綿業における重要な発明の時期などを手がかりに,漠然と1760年代から19世紀前半くらいに措定されていたが,始期については,人口増加や1人当り所得の成長の起点との関係で,1740年代説や80年代説が出されたし,その終期についても,新たな技術体系の一応の完成を意味する機械工業の確立――機械そのものの機械による生産――や産業資本主義の確立を意味する資本制恐慌の始期(1848)などが提唱されている。…

※「イギリス産業革命」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イギリス産業革命の関連キーワードブルーネル(Sir Marc Isambard Brunel)トインビー(Arnold Toynbee(1852―83))ネイル・ヨセフ スメルサーダーウェント峡谷の工場群ボールトン・ワット商会ブリッジウォーター運河マーチャント・バンクアイアンブリッジ峡谷マニュファクチュアエンクロージャーラッダイト運動ホイートストンアークライトテルフォードバーミンガム黒人奴隷制度クロンプトンスメルサーマージー川土木技術

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イギリス産業革命の関連情報