コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イシン第2王朝 いしんだいにおうちょう

世界大百科事典内のイシン第2王朝の言及

【バビロニア】より

…カッシート時代のクドゥル碑文は個人または神(殿)に対する王からの耕地の贈与または過去に行われた耕地の贈与の確認を内容としたもので,後には税免除の特権条項も付されていた。
[イシン第2王朝時代とその後の混乱期]
 カッシート朝を滅ぼしたエラム人は,そのままバビロニアにとどまらなかったため,当時ニップールと並んで重要な都市であったイシンの知事(?)がバビロンの王となり新王朝(イシン第2王朝。前1157‐前1026)を開いた。…

※「イシン第2王朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android