イスマット・チュグターイー(読み)いすまっとちゅぐたーいー

世界大百科事典内のイスマット・チュグターイーの言及

【インド文学】より

…現代小説はプレームチャンドの登場で文学の主流を占めるようになった。アリー・アッバース・フサイニー,クリシャン・チャンダル,マントー,アフマド・ナディーム・カースミーらが多くの優れた作品を発表したが,イスマット・チュグターイーを頂点とする女流作家の進出も顕著である。抒情詩ガザルと並び現代詩も非常に多くよまれ,哲学詩人イクバールやファイズのような抵抗詩人を生み出している。…

※「イスマット・チュグターイー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android