コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イソノギク いそのぎく

世界大百科事典内のイソノギクの言及

【ノコンギク(野紺菊)】より

…本州の山地の草原や道ばたに生える。 ハマベノギクA.asagrayi Makino(別名イソノギク)(イラスト)は奄美大島,沖永良部島,沖縄本島に分布し,海岸の岩上や崖に生える多年草。花をつけない茎は短く,根出葉をロゼット状につける。…

※「イソノギク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android