コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イソノミア いそのみあ

世界大百科事典内のイソノミアの言及

【平等主義】より

…事実,キリスト教もストア思想も長期にわたって奴隷制や身分制を許容してきた。政治的権利や社会的条件の平等を基礎づけた古代の観念としては,ギリシア古典期における〈イソノミアisonomia〉(法の前の平等)の観念が重要であり,ソロンからペリクレスに至るアテネ民主政の発展の基礎には明らかに平等を求める社会的欲求が存在した。しかし,ここでの平等はあくまでも同一ポリスに属する市民の間の平等であって,ポリスの枠を超え奴隷をも含む普遍的な人間の平等ではなかった。…

※「イソノミア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イソノミアの関連情報