コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イダシハジメ いだしはじめ

世界大百科事典内のイダシハジメの言及

【育児】より

…七夜の祝には生児の名付けを行い,産婆,実家の母親,仲人の女親,近親等を招いて盛大な共食の祝を行って,生児をこの世のものとして承認する。 七夜または11日目の〈初外出〉をウイデ,イダシハジメ,デゾメなどといい,生児に初めて日の目を見せる。菅笠やむつきをかぶせて竈神,井戸神,厠神(かわやがみ),屋敷神などの家の神々に参って供物をする土地もある。…

【七夜】より

…産婦の忌の晴れていく最初の段階であって,父親の忌は一般にこの日で明けるとされている。また七夜をウイデ,デゾメ,イダシハジメなどといって,生児にはじめて日の目を見せる初外出の儀礼がある。生児におむつや菅笠などをかぶせて,竈神,井戸神,厠(便所)神,屋敷神などに参って供物をする。…

※「イダシハジメ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android