コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イバス いばす

世界大百科事典内のイバスの言及

【三章問題】より

…〈三章Tria Kephalaia〉(英語ではThree Chapters)とは,6世紀の単性論派論争においてネストリウス的異端の疑いをかけられた3人の神学者の人物と著作を指す。すなわちモプスエスティアのテオドロスの人と著作,テオドレトスがアレクサンドリアのキュリロスに反駁した著作,エデッサの主教イバスIbas(在位435‐457)がペルシアの一主教マリスMarisにあてた書簡である。これはユスティニアヌス帝の勅令(543‐544)およびコンスタンティノープルの第5回公会議(553)で異端とされたが,現在では一方的な断罪であったと考えられている。…

【バル・サウマー】より

…同派のペルシア領への拡大に尽力した。エデッサ主教イバスIbas(在位435‐457)の弟子。エフェソスの盗賊教会会議(449)で追放され,ペルシア領に亡命。…

※「イバス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イバスの関連キーワード名古屋ガイドウェイバスガイドウェイバス志段味線ウルトラマンコスモス コロナモードマイバスとデマンドバスマナカ(manaca)炎神戦隊ゴーオンジャーデュアルモードバス名古屋市の外郭団体ゆとりーとラインバル・サウマー新交通システムバス(自動車)ネストリウス派サイバスターいれずみの男クローン病三浦七緒子ガラス繊維直視鏡検査三章書論争胃カメラ

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android