コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブセン会 いぶせんかい

世界大百科事典内のイブセン会の言及

【新劇】より

…新俳優養成から始め,現実的漸進主義をとる文芸協会に対し,女方も含む歌舞伎俳優たちによる自由劇場は,一作当りの公演回数も観客数も少なく,演劇的であるよりも,急進的な西欧近代戯曲紹介活動の趣があった。また島崎藤村,田山花袋,正宗白鳥,秋田雨雀など,新進の自然主義志向の文士たちも小山内との関係で〈イブセン会〉をつくり,イプセン劇研究に励む一方で自由劇場を後援した。自由劇場の第1回公演はイプセン作,森鷗外訳《ジョン・ガブリエル・ボルクマン》で,ゴーリキー作《夜の宿(どん底)》などが好評をあびた。…

【竜土会】より

…川上眉山,徳田秋声,小山内薫,薄田泣菫,野口米次郎,長谷川天渓,正宗白鳥ほか,流派を超えて多彩な顔ぶれが出入りしたが,やがて自然主義系作家の懇親の場と変貌した観がある。そのため,07年,別にイブセン会という勉強の場がもたれるようになり,事実上,会の歴史は終わった。その歴史的意義は,ひとつに自然主義文学の土壌づくりにあったと言える。…

※「イブセン会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone