コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イムロ いむろ

1件 の用語解説(イムロの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イムロ
イムロ

マケドニア内部革命組織」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のイムロの言及

【バルカン】より

…そもそもマケドニア地域とかマケドニア語,マケドニア人というような基本的概念をめぐって相いれない見解が提示され,ギリシア人は長年の東方正教会の支配を重視してマケドニアをみずからの歴史的地域と主張し,セルビア人は言語的親縁性と習俗の同一性を強調し,ブルガリア人は言語とエスニックな同一性を主張して譲らなかった。このような外部からの働きかけに反発して1893年イムロIMRO(内部マケドニア人革命組織)が結成され,オスマン帝国内でのマケドニアの政治的自治を要求した。この運動は1903年のイリンデン蜂起失敗後退廃の道をたどり,08年の青年トルコの武装蜂起以後,政治的自治の方針を捨て,しだいにテロ集団化しブルガリアの政策に追随するようになるのだが,そのおもな原因としてマケドニア人のアイデンティティの弱さが挙げられなければならない。…

【マケドニア】より

…1893年にはテッサロニキで後に〈内部マケドニア革命組織(VMRO(ブムロ)。英語略称IMRO(イムロ))〉の総称で知られる政治組織の母体が形成され,オスマン帝国の枠組み内における自治を住民の一斉蜂起によって獲得することを目標とした。これとは別に95年にはブルガリアのソフィアで移民組織を統一する指導的組織として〈マケドニア最高委員会Vrhoven makedonski komitet〉が形成され,列強の保証下のマケドニア自治を掲げて,マケドニア各地に武装部隊を派遣しはじめた。…

※「イムロ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イムロの関連情報