コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インド仏教 いんどぶっきょう

世界大百科事典内のインド仏教の言及

【インド哲学】より

…しかしインドへ移入されてインド的展開を遂げたイスラムなど外来の哲学・宗教思想もまた含められるべきであろう。仏教国である日本では,明治時代以降〈印度哲学〉と表記され,〈仏教(学)〉の同義語として用いられる場合もあるが,ここでいう〈インド哲学〉は,インド仏教を,数多くの諸体系の一つとして包括している。この場合の〈インド〉は今日のインド(バーラト)のみならず,その近隣諸国をも含む〈インド亜大陸〉といわれる地域を指す。…

※「インド仏教」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

インド仏教の関連キーワードケルン(Johan Hendrik Caspar Kern)ベーノーイトーシュ バッターチャーリヤヨハン・H.C. ケルンシャキャシュリーバドラチャンドラキールティパーラ・セーナ朝美術シャーンタラクシタダルマキールティ因明入正理論アティーシャチベット仏教逸見 梅栄琉球神道記パーリ経典サムエ宗論ネワール族異部宗輪論インド哲学ハリバドラ羽田野伯猷

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

インド仏教の関連情報