コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィルソン山天文台望遠鏡 うぃるそんさんてんもんだいぼうえんきょう

世界大百科事典内のウィルソン山天文台望遠鏡の言及

【天体望遠鏡】より

…天体観測に使われる望遠鏡。原理はふつうの望遠鏡と違わないが,観測対象が日周運動をする天体であるから,その観測方法,対象に応じて動く追尾装置を備えた架台にのせてあり,またドームと呼ばれる特別の建物の中に格納されている。最近では光より波長の長い電磁波で見る赤外線望遠鏡,電波望遠鏡あるいは人工衛星に搭載して地球大気外から観測を行うスペーステレスコープspace telescopeも広義の天体望遠鏡に含めている。…

※「ウィルソン山天文台望遠鏡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報