ウィースバーデン協定(読み)うぃーすばーでんきょうてい

世界大百科事典内のウィースバーデン協定の言及

【ラーテナウ】より

…大戦勃発に際してプロイセン軍事省に戦時原料局を設立して1914‐15年その局長となる。大戦後ドイツ民主党の設立に参加し,第2次社会化委員会や賠償会議で活躍したのち,21年5~11月復興相として,実物賠償に関するフランスとのウィースバーデン協定を締結。22年2月外相となって,西欧諸国に対しベルサイユ条約の〈履行政策〉により賠償問題の解決を図ったが,同時に4月ソ連とラパロ条約を結んだ。…

※「ウィースバーデン協定」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android