コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォルトン,W. うぉるとん

世界大百科事典内のウォルトン,W.の言及

【イギリス音楽】より


[20世紀]
 20世紀に入るとまず管弦楽曲の分野に活発な動きが見られ,スタンフォードC.V.Stanford(1852‐1924)とE.エルガーに続き,デリウスF.Delius(1862‐1934),ホルスト,ボーン・ウィリアムズらが活躍した。より若い世代の代表にはウォルトンW.Walton(1902‐ )やティペットM.Tippett(1905‐ )らが含まれるが,現代音楽の代表者はブリテンで,《ピーター・グライムス》や《真夏の夜の夢》などのオペラをはじめ,管弦楽曲や合唱曲の分野においても優れた手腕を発揮している。
[民俗音楽]
 イギリス民俗音楽の源流をたどれば,古く中世時代のミンストレルの活躍にまでさかのぼることができる。…

【シットウェル姉弟】より

…自分の詩集としては,処女作《母その他の詩》(1915)ののち,ジャズのリズムを取り入れた《ファサード》(1922)を発表。後者はウォルトンWilliam Waltonによる作曲で広く世に知られた。晩年は宗教的詩風に傾き,《薔薇の聖歌》(1949)によって現代屈指の女流詩人の位置を築いた。…

※「ウォルトン,W.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone