コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォーキング・フロック・スーツ うぉーきんぐふろっくすーつ

世界大百科事典内のウォーキング・フロック・スーツの言及

【背広】より

… 背広の源流は17世紀のジュストコルにさかのぼるといわれているが,直接的には18世紀から19世紀にかけて最も一般的な男性の日常着であったフロックコートが改良されたものといえよう。19世紀の中ごろから,丈が長くて重苦しいフロックの改良型としてウォーキング・フロック・スーツが登場し,さらにこれを簡略化したのがイギリスでラウンジ・スーツlounge suit,アメリカでサック・スーツsack suitと呼ばれた軽快な背広型のスーツであった。19世紀に登場したこの種の初期背広型のスーツは,最初はレジャー用であった。…

※「ウォーキング・フロック・スーツ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android