コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォーター・ゴード(読み)うぉーたーごーど

世界大百科事典内のウォーター・ゴードの言及

【太鼓】より

… ウォーター・ドラムwater drumは椀形に丸めた手を伏せて水面を打つことから始まったといわれ,水を利用した打楽器にしばしば用いられる俗称。水を入れた容器の中に椀形のヒョウタンを伏せ,細い棒でたたく,アフリカのウォーター・ゴードwater gourd,ギニアでは浅くくり抜いた長方形の板の両端に柄を付け,水面に伏せて打ちつけるもの,パプア・ニューギニアでは木の幹を切って円筒形にしたものに柄を付け,開口部を水に打ちつけるものなどがある。【郡司 すみ】
[日本]
 膜鳴楽器としては,古くは〈つづみ〉という呼称が存在し,その語源には諸説あって定めがたいが,これに〈鼓(皷)〉の字を当てることが早くから行われた。…

※「ウォーター・ゴード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android