コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウキン うきん

世界大百科事典内のウキンの言及

【シュメール】より


[都市形成期]
 次の考古学的時期であるウルク期(前3800‐前3000ころ?)には轆轤(ろくろ)製の無文土器と円筒印章の製作が始まり,末期(ウルクVIII~IV層)にはウルクを先頭にシュメール南部に都市形成の動きがおこり,ウルクは面積約100haに達し,大神殿がいくつも造営され(最大は縦80m,横30m),青銅器が製作され,IV層ではついに粘土板に刻まれた絵文字群が出現する。そこには支配者をさす称号〈エン〉,人々の集りをさす〈ウ(ン)キン〉,役職や手工業職種を示す文字,シンボルによる神名,牛・ロバ・羊・ヤギ・大麦・ナツメヤシ・犂(すき)・魚類を示す文字などが,複雑な数体系を暗示する数字とともに書かれていた。シュメール語を話す人々をおもな担い手とする最初の都市文明が,ここに圧倒的なエネルギーを伴って出現した。…

※「ウキン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ウキンの関連キーワードオランダシシガシラ(和蘭師子頭)フウキンチョウ(風琴鳥)動物戦隊ジュウオウジャートニー・タン・カクチョンモチビョウキン(餅病菌)アッシュールバニパルハクキョウビョウキンキンセンカ(金盞花)デメキン(出目金)サビキン(銹菌)類リオン ラッセルキンギョ(金魚)メダカ(目高)餅病菌・餠病菌サルダナパロスモチビョウキンフウキンチョウカワリミズカビコウカンチョウオランダ獅子頭