コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウコンサーリ[島] うこんさーり

世界大百科事典内のウコンサーリ[島]の言及

【イナリ[湖]】より

…イナリ地方にフィンランド人が住みついたのは18世紀中葉からで,それまではラップ人の居住地であった。古来,漁業が盛んで,湖中のウコンサーリUkonsaari島は,ラップ人が生贄を捧げる聖なる場所だった。イナリ地方は,過去数百年間,北極海とボスニア湾を結ぶ交易路の中心で,行商人がラップランドの奥地にまで足を運んだ。…

※「ウコンサーリ[島]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android