コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウスバアオノリ

海藻海草標本図鑑の解説

ウスバアオノリ

からだは扁平膜状で,形態は一般的に幅広な葉状となるが,被針状,線状などのものもみられる。分枝はみられないが,ごくまれに基部付近より副出枝をわずか に生じる事もある。基部付近は急に細くなるくさび形をしている。葉部全面に浅く細かいシワがみられ,さらに縁辺部は大きく波打つ。切片をみると大半の部分 においてはリボンアオサやアナアオサの ように細胞同士が癒着した二層細胞からなっているようにみえるが,縁辺部のごくわずかな部分と,くさび形に細くなった基部付近は,顕微鏡的レベルで細胞の 癒着はしておらず,一層の半管状もしくは管状の構造を形成しているのがわかる。手触りは柔らかく滑らか。生体は黄緑色〜緑色。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウスバアオノリ

アオノリ(青海苔)」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ウスバアオノリの関連キーワードアオノリ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android