ウスバアオノリ

海藻海草標本図鑑の解説

ウスバアオノリ

からだは扁平膜状で,形態は一般的に幅広な葉状となるが,被針状,線状などのものもみられる。分枝はみられないが,ごくまれに基部付近より副出枝をわずか に生じる事もある。基部付近は急に細くなるくさび形をしている。葉部全面に浅く細かいシワがみられ,さらに縁辺部は大きく波打つ。切片をみると大半の部分 においてはリボンアオサやアナアオサの ように細胞同士が癒着した二層細胞からなっているようにみえるが,縁辺部のごくわずかな部分と,くさび形に細くなった基部付近は,顕微鏡的レベルで細胞の 癒着はしておらず,一層の半管状もしくは管状の構造を形成しているのがわかる。手触りは柔らかく滑らか。生体は黄緑色〜緑色。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android