コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウッズホール海洋生物学研究所 うっずほーるかいようせいぶつがくけんきゅうじょ

世界大百科事典内のウッズホール海洋生物学研究所の言及

【ホイットマン】より

…離日後ナポリの臨海実験所でドールンA.Dohrnに師事し,その後ハーバード大学助手,ミルウォーキーの臨湖実験所所長,クラーク大学教授,シカゴ大学教授を務めた。またウッズホール海洋生物学研究所の所長も兼務し88年の創設から11年間同研究所の基礎固めに努力した。 彼の動物学への寄与は次の3分野に大別することができる。…

【臨海実験所】より

…主として海洋生物学の実験的,生態学的研究のために海岸に設置された研究所。この種の研究所として最も歴史の古いものは,ラカズ・デュティエH.de Lacaze‐Duthiers(1821‐1901)が1872年にパリ大学に作ったロスコフ臨海実験所Laboratoire maritime de Roscoffと,ドイツ人ドールンA.D.Dohrn(1840‐1909)が73年に私費を投じてナポリに設立したナポリ臨海実験所Stazione zoologica di Napoliである。…

※「ウッズホール海洋生物学研究所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウッズホール海洋生物学研究所の関連キーワードホイットマン(Charles Otis Whitman)チャールス・O. ホイットマンセント・ジェルジーカーソン下村脩

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android