ウドゥク族(読み)うどぅくぞく

世界大百科事典内のウドゥク族の言及

【雨乞い】より

…また雨乞いの儀式には,雨石とか雨の葉などの神聖な事物が用いられる。雨石とはまれにしか見つからない石や空から落ちてきた石のことで,ウドゥク族(スーダン)の雨乞師は,赤と白,青の雨石を使って降雨の祈願をする。雨の葉は特定の木の葉で,この葉を燃やすと,立ちのぼる煙が雨をとらえて降らせるからだという。…

※「ウドゥク族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android