コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウノ うの

世界大百科事典内のウノの言及

【ウル】より

…南アメリカ西部,チチカカ湖およびその周辺の中央アンデス高地に住む少数民族。ウロ,ウノ,オチョマとも呼ばれる。言語的には,中央アンデス高地の大民族であるケチュア族やアイマラ族とは関係のないウル・チパヤ語系と考えられている。…

※「ウノ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウノの関連キーワード兵庫県立コウノトリの郷公園コウノトリの野生復帰ショウノウ(樟脳)兵庫県豊岡市祥雲寺ナベコウ(鍋鸛)コウノトリ(鸛)ビジャゴス諸島アルタイ系諸族ボルネオールシュバシコウコウノトリ目但馬飛行場朴の川羊歯宇野 宗佑えっちゃんリュウノウカンファー松島興治郎竜宮之使岩石崇拝

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウノの関連情報