コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウラン酸 うらんさん

世界大百科事典内のウラン酸の言及

【酸化ウラン】より

…最も普通に知られている酸化物で,センウラン鉱の主成分。ウラン(VI)の硝酸塩,シュウ酸塩,過酸化物あるいは二ウラン酸アンモニウム(NH4)2U2O7などを空気中700~800℃に熱して得られる。800℃以上で長時間熱すると,しだいに酸素を失ってU3O8-xとなる。…

※「ウラン酸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウラン酸の関連キーワードウラン(放射性元素)二ウラン酸ナトリウム改良型ガス冷却炉イエローケーキプルサーマルCANDU炉ウラン複合材放射線損傷ウラン酸塩製錬炉心

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android