コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウリヤーノフ,I.N. うりやーのふ

世界大百科事典内のウリヤーノフ,I.N.の言及

【チュバシ[共和国]】より

…ボルガ川流域の他の諸民族と同様,16~19世紀に何度も農民反乱という形で抵抗を示し(ラージンの乱プガチョフの乱),帝政ロシアでは主に農民身分に編成された。19世紀後半には,シンビルスクのチュバシ師範学校がチュバシ人の教育・啓蒙活動の中心となるが,レーニンの父I.N.ウリヤーノフがシンビルスク県の視学官として,チュバシ人の教育に尽力している。19世紀後半からチュバシ人の出稼ぎが始まっていたが,革命後とくにスターリン体制の下で,チェボクサリを中心に工業が伸び,電機・機械・化学工業が発展し,都市への移住が急速に進み,チュバシ人は都市でも人口の過半を成すまでになった。…

※「ウリヤーノフ,I.N.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android