コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウルビノ公 うるびのこう

世界大百科事典内のウルビノ公の言及

【フェデリコ・ダ・モンテフェルトロ】より

…66年,〈イタリア同盟〉(ローディの和)の総指揮官に雇われ,好敵手であったB.コレオーニの率いるベネチア軍を撃破し,イタリア最強の傭兵隊長の地位を確立した。74年,ウルビノ公に叙される。フェラーラ防衛戦中に病没するが,病因はマラリアであった。…

※「ウルビノ公」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウルビノ公の関連キーワードフランチェスコ・ディ・ジョルジョ・マルティーニロレンツォ・ディ・ピエロ・デ・メディチフランチェスコ・ディ・ジョルジョピエロ・デラ・フランチェスカカトリーヌ・ド・メディシスカトリーヌ・ド・メディシスヨース・ファン・ヘントモンテフェルトロ家メディチ家礼拝堂ブロンジーノラウラーナウルビノバージルベルゲテ君主論

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android