ウンビリクス(読み)うんびりくす

世界大百科事典内のウンビリクスの言及

【臍】より

…デルフォイの神託が古代ギリシア人に絶対的な力をもった理由の一つは,この中心地からの予言だったためである。オンファロスと同義のラテン語ウンビリクスumbilicusのumboは〈突起〉や〈こぶ〉の意で,umbilicusがフランス語nombril,ドイツ語Nabel,英語navelへと変わる。 泰山もオンファロスも山や石で,隆起であって孔ではない。…

※「ウンビリクス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android