コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エアライフル競技 えあらいふるきょうぎ

世界大百科事典内のエアライフル競技の言及

【射撃競技】より

… 標的は通常紙標的であるが,バルセロナ・オリンピック(1992)から〈見るスポーツ〉としての発展のため〈電子標的〉(電子的に着弾点を検出し,瞬時に得点・着弾点が射手と観客に表示でき,得点の集計が可能な標的システムで,ビームライフルの実弾版)が使用されている。
【ライフル射撃競技】
使用する弾薬に8mm以下のセンターファイア実包を使用する〈ラージボアライフル(大口径銃)競技〉,5.6mmのリムファイア実包のみを使用する〈スモールボアライフル(小口径銃)競技〉,4.5mmの鉛弾を使用する〈エアライフル(空気銃)競技〉,日本で開発された,弾を発射する代わりに光を発射して射技を競う〈ビームライフル競技〉がある。射距離は,それぞれ300m,50m,10m,10mである。…

※「エアライフル競技」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android