エカシ・イトクパ(読み)えかしいとくぱ

世界大百科事典内のエカシ・イトクパの言及

【擦文文化】より

…最近は,アイヌ文化を擦文文化までさかのぼらせる見方が定着しつつあり,アイヌ文化のなかの,ある種の漁・狩猟儀礼の祖型をオホーツク文化に求める説もある。また,日本海岸の奥尻町,小平町,天塩町などの遺跡から出土した擦文土器の杯の底面に記号様の刻文のあるものがみられるが,アイヌの父系印として伝えられているエカシ・イトクパにつながるものとして留意されている。アイヌ【藤本 英夫】。…

※「エカシ・イトクパ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android