コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エクスペリメンタル・フィルム えくすぺりめんたるふぃるむ

世界大百科事典内のエクスペリメンタル・フィルムの言及

【実験映画】より

…したがってこの名称は特定の映画芸術運動を指すのではなく,アバンギャルド映画,アンダーグラウンド映画から,ときにはドキュメンタリー映画,アニメーション映画,あるいはまたアマチュア映画,小型映画などもその意味で〈実験映画〉の名で総称される。〈実験映画〉という名称は,1920年にソビエトのレフ・クレショフがつくった〈実験映画工房〉に使われたのが最初といわれているが,映画の産業化がいち早く進展したアメリカでは,〈エクスペリメンタル・フィルム〉ということばはアマチュア映画とまったく同義語であったといわれる。映画史家L.ジェーコブズによれば,アメリカの〈エクスペリメンタル・フィルム〉はドイツの表現主義映画,フランスのアバンギャルド映画およびソビエト映画のモンタージュ理論とその作品に強い刺激をうけ,映画王国ハリウッドがあった西海岸に対して東海岸のニューヨークで生まれた。…

※「エクスペリメンタル・フィルム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エクスペリメンタル・フィルムの関連キーワード実験映画

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android