コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エスティガリビア,J.F. えすてぃがりびあ

世界大百科事典内のエスティガリビア,J.F.の言及

【パラグアイ】より

…第1次世界大戦で小康状態を得たが,1932年石油埋蔵をめぐるボリビアとの国境紛争が勃発,両国は戦力を使い果たし35年停戦,38年にようやく終戦協定が成立した(チャコ戦争)。39年有能なエスティガリビアJosé Félix Estigarribia(1888‐1940)政権により政情が安定するかにみえたが,彼の不慮の死で挫折した。政情不安が続く中で47年内乱が勃発,コロラド党政権が樹立されたが,党内紛争による大統領の交替が相次いだ。…

※「エスティガリビア,J.F.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android