コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エゼクターブースター えぜくたーぶーすたー

世界大百科事典内のエゼクターブースターの言及

【真空ポンプ】より

…また,内部圧力の低下とともにすきま内の気体は分子流となり,もれ量が著しく減少し高真空まで良好な体積効率が維持される。そのほかにブースターポンプとして用いる蒸気噴射ポンプ(エゼクターブースター)は,ノズル,ディフューザー,吸引室からなり,油の蒸気を超音速でノズルより噴射させて吸引室の気体を吸引し,ディフューザーをへて出口から放出するもので,1段ノズルでの到達圧力は10-3Torr前後であるが,有用性の比較から現在は二葉ポンプが多用される。
[分子ポンプ]
 ゲーデにより発明(1913)されたもので,ケーシング内部をローターが高速回転し,ケーシングとローターの溝にある気体がその粘性で回転方向に運ばれ圧力差が生ずる。…

※「エゼクターブースター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone