コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エゾノハクサンイチゲ えぞのはくさんいちげ

世界大百科事典内のエゾノハクサンイチゲの言及

【イチリンソウ(一輪草)】より

…種としては北半球の寒帯や高山帯に広く分布し,地域的な分化がみられる。北海道産のものは,葉の欠刻片の幅が広く,果柄が短く,エゾノハクサンイチゲA.narcissiflora L.var.sachalinensis Miyabe et Miyakeという。 イチリンソウ属Anemoneは約150種を含み,世界中に分布しているが,熱帯にはまれで山地に限られ,日本には12種がある。…

※「エゾノハクサンイチゲ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

エゾノハクサンイチゲの関連キーワードハクサンイチゲ大雪山

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android