コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エッジワース均衡 えっじわーすきんこう

世界大百科事典内のエッジワース均衡の言及

【寡占】より


[戦略・予測とさまざまな結果]
 同質的な製品の市場で価格が戦略として使われた場合,もし自分が相手より低い価格をつけても相手は報復しないだろうという近視眼的な予測を各企業がとれば,各企業は相手より低い価格をつけて需要を奪いとろうとし,価格戦争が起こる。その結果成立する競争的な状態(ベルトラン均衡またはエッジワース均衡)は,資源配分上も望ましいものであろう。逆に相手の行動のうち,自分にとって最悪な行動を基準に予想をたてるなら,価格を下げたときの相手の報復を避けることが第1となり,価格の(下方)硬直性が発生する(たとえば屈折需要曲線の理論はその例である)。…

※「エッジワース均衡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android