コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エトルリア王国 えとるりあおうこく

世界大百科事典内のエトルリア王国の言及

【トスカナ[州]】より

…この時代のトスカナはロンバルディアとともにイタリアにおける啓蒙的改革の中心であり,メディチ家支配時代の停滞を脱する兆しを見せた。ナポレオンの征服の後トスカナはエトルリア王国となり(1801),さらにフランスに併合された(1808‐09)。ナポレオン法典の制定,教会財産の売却などの革命の成果がトスカナに導入された。…

※「エトルリア王国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

エトルリア王国の関連キーワードリュネビルの和約トスカナ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android