コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エドモンソン型乗車券 えどもんそんがたじょうしゃけん

世界大百科事典内のエドモンソン型乗車券の言及

【自動出改札】より

…乗車券を使用する自動改札機の使用は,ずっと遅れ,66年3月近畿日本鉄道での定期券専用型が最初である。ただし,このときの定期券は,パンチホール式であり,本格的な実用は,運輸省,国鉄,公営地下鉄,私鉄,そしてメーカーからなる日本鉄道サイバネテクス協議会の研究会で,磁気膜を使った乗車券(近距離用エドモンソン型乗車券・定期券)とこれに関連する機械の規格を決定した71年以降で,国鉄では71年柏駅試行のあと73年武蔵野線開業時に実用化している。なお,海外における自動出改札システムの開発は,早くからヨーロッパで進められ,1963年イギリスのロンドン地下鉄で導入以来,フランスのパリ地下鉄などで広く実用化されている。…

※「エドモンソン型乗車券」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone